やる気が出たときにだけ書くブログ。

自己満で書いているだけのブログです

日記を書こうとしたらGW終わってました

GWのお出かけ日記その3を書こうとしたら、GWも終わってました。

GW終わってしまいましたが、3回目の日記も大和郡山市です。

 

ご存じの方がいらっしゃるかもしれませんが、市街地からかなり離れた山側にいくと

奈良工業高等専門学校」があり、そこから北側に少し行くと時代が戻ったかのような空間があります。

そう、「大和民族公園」です。地元の方は犬の散歩や、子供の遊び場として利用されるほうが多いでしょう。22ヘクタールの広大な土地は非常に緑が多く、バードウォッチや虫取りでも楽しめます。

ここの公園の特徴は、鉄骨やレンガを用いた家が普及する前の日本家屋が保管されていることなんですよ。

茅葺屋根だったり、全部木でできた柱、いまでは見ることのできない光景が目に入るんですよね…

Xiaomi 11 Lite 5G NEで撮ると、光の帯が入りますね…Xperia5iiiだとうまく補正してくれてたんだけど。

まるでタイムスリップしてしまったような不思議な感覚になります(街灯が場違い感出してますね)。

ちなみに、国・奈良県の固形文化財になりますが、入ることもできます。

ただし、虫がかなり多く時期によっては大型蜂も普通に飛んでいますのでご注意ください。

手の届いているところ、そうでないところでも緑が生い茂っています。

目に優しい緑が大量にありますし、心を落ち着かせたい場合にはもってこいなので私は好きです。

カメラを確認するためにいろいろ撮ってたのですが、これがすごく楽しかったです。

写真撮って確認して、「フォーカスここにしたらどう撮れるんだ…」とか「あれも撮りたい」ってなったり、

シャッターチャンスを探してみたり、なんだかんだで2時間くらい公園内を歩き回ってました。

以前にも「Xiaomi 11 Lite 5G NE」のレビューにも書きましたが、27000円台で購入できるスマホにしては

十分すぎる性能を持っていますので、メーカーに対する強いこだわりがない場合は

国内版の「Xiaomi 11 Lite 5G」(たしか国内版は42000円くらい?)は選択肢として十分ありかと思います。

 

と、スマホの宣伝もさらっとしたところで、

みなさんはゴールデンウィークで疲れはとれましたか?

連休って長すぎれば社会復帰できなくなりますし、余計に疲れてしまう気がします。

3連休が適度にあるほうが休みとしては、ありがたいかなと個人的には思いました…

そして連休のない地獄の6月。辛い。

 

次回ですが、以前購入したXiaoxinPadの不満も増えてきましたのでそちらを日記に上げようと思います。

大陸版のAndroidは色々と不便がありますが、アップデートは割と迅速なんですよね。

あとは、自分でggったりする楽しさ。こういうときに2ch掲示板ってすごく役に立つなぁと感じます。

 

それでは、またの機会に。ありがとうございました。

GWだーって思ったらもう終わりかけ。その2

 

前回はXiaomiの11 Lite 5G NEについてでしたが、

今日はその際に撮影してきた画像を張り付けながら適当に書いていきます。

新型コロナの蔓延防止策が解除されて、各地の観光施設もにぎやかになってきましたが

薬師寺もメインの駐車場が入りきらず、観光バス用駐車場まで解放される人気っぷりです。

 

じつは甥っ子の面倒ばっかり見ていて、遠出もろくに出来ませんでした。

そのうえ、実質体力無尽蔵の甥っ子の世話をしていたら、完全にガス欠して全身筋肉痛です。

どこからあの体力が出てくるのか、不思議で仕方ないんですが…、子供ってすごいですね。

あまり家にいて甥っ子の面倒ばかり見ていたら、さすがにどこかやらかしそうだったので

ちょっと任せて散歩に出かけてきました。1か所目の目的地は「大和郡山」。

全国金魚すくい大会で有名な大和郡山市で、石垣しか残っていない郡山城まで散歩してきました。

奈良市とは違い、工場群があり資金面でもかなり潤沢なんですよね。

関西圏で売っているUHA味覚糖のお菓子、たいてい製造は大和郡山市今国府町(いまごうちょう)製造です。

ほかにも、Panasonicの工場もありますし、プラスチック製品の製造工場もかなり多いです。

またDMG森精機もあります。奈良市積水化学が移転しましたし、長大企業=ダイワハウスしかなさそう。

大和郡山城は、近鉄郡山駅から徒歩10分程度の場所にあります。

鳥居の正面には、郡山高校の校門もあり周辺が静かな薬師寺と違って、学生の元気な声が聞こえます。

まぁ、緑に侵食されて目には非常にやさしい景色が広がります。

この日も、仕事で近くばかり見ていた目を休めるために遠くが見える場所を探しに行った結果がここです。

郡山市奈良市の一部が一望できる天守閣のあった場所に上ることができます。

11 Lite 5G NEのポートレットモードは割と優秀なんじゃないかな?と思いました。

ちなみに、見学料はかかりません。そのわりにはきれいに整備出来ているなーと思いましたね。

こんな橋、前にかかっていたかなぁ…と思いましたが、前回来たのは20年前でした(笑)

見る場所は意外と少なく、20分程度の滞在時間でしたが無料で見学できる分には楽しかったです。

 

連休中はもう1か所言ってましたので、また適当に書きますね。

GWだーって思ったらもう終わりかけ。その1

 

ゴールデンウィーク。今年は月曜と金曜日がド平日という謎日程。なんでだよ。

いや、そこは祝日ずらして連休にしないんかよ!って思いました。

どうも、ばるです。

 

さすがにGWに日記の1つも書かないのは怠慢だと思いましたので、もう終わりですが2・3件書きたく。

じつは技適なしですがサブスマホを購入しましたので、それを書きたいと思います。

今回購入したのは、中国大手家電メーカーXiaomiの「11 Lite 5G NE」です。

こちらはグローバル版モデルで、日本国内の販売予定はありません。技適ももちろんありません

 

付属品

充電器は日本国内では使えない丸ピン2本タイプなので、怪しい変換機付きです。

これからも出番は少ないと思うので撮ってあげました。ロック穴がないですが国内でも使えます。

紙類と

クリアカバー。なお、本体に保護フィルム貼付け済みなので、ケースも追加購入の必要なし。

さらにはイヤホンジャックがないので、Type-Cからの変換ケーブルまでついてきます。

こんだけ色々ついてくるのに、お値段は驚愕の…。

 

 

本体

先ほども述べましたが、本体には保護フィルム貼付け済み。

重量は159gと公式が言っている通り、持った瞬間のイメージは「お?」です。

タブレットばかり持っていると「天使の羽」レベルで驚きますね。

本体背面はプラスチック…とはまた違うような摺りガラス…でもないような不思議な手触り。

色は青にしました。日本対応版は3色しかありません。NEはラメ入りのホワイトとブルーがあります。

蒼から角度を変えることで水色に見えたり、Xiaomi特有の背面加工が素晴らしいですね。

カメラは最大6400万画素。確かにきれいなのはきれいですが、Xperia5iiiには敵いませんね…

まぁ値段が値段なので…。

 

 

スペック

CPUは「SnapDragon 778G(Liteは780G)」。遊んでいる限りウマ娘も問題ないレベル。

ディスプレイは、OLEDで解像度は「2400x1080」。めちゃくちゃきれいです。

バッテリーは4250mAh、十分ですかね。ストレージは128GBでMicroSDを用いた拡張も可能。

日本国内向け(11 Lite 5G)だと、43800円

NEは購入時点で、Banggoodで26900円

国産スマホを完全に殺しにかかってきてるレベル。SHARPの格安スマホポンコツだったみたいだし。

 

 

カメラ

今回はお出かけついでにポートレット撮影で実施しました。

伊勢志摩や賢島方面に行く予定でしたが、近鉄特急の予約状況や現地の混雑具合から断念。

県内のだだっ広い公園に甥っ子を連れて行ってきました。

通常カメラもそうですが、けっこうビビットな感じになりますね。緑が鮮やかでいい感じです。

 

上がなにもしていない普通のカメラモード。下がポートレットモード。

DoF効くと全然奥行き感が変わりますね。

ズームに関しては、10倍まで行けますが遠すぎるのは全然ダメ。

上:Xiaomi 11 Lite 5G NEの10倍ズーム。レンズの選択ミスな気がするけど。

下:Xperia5iiiの105mmレンズで最大ズームしたもの。

ただ近いものを取る分には全然問題ないレベルできれいなので、こだわりなければOKかと。

でもこれよく考えてくださいよ。フラッグシップモデルじゃないですからね。

Xperia5iiiはフラッグシップで且つ11万。こっちは30000円届かないレベルですからね。十分すぎる

 

 

デメリット

ここからは使っていて気になった点。

①滑りやすい

背面が特殊加工がされてさらさらなのは気持ちいいのですが、すごく滑りやすいです。

ケースなしでの運用は基本的に危険だと思いました。ちゃんとホールド出来るのであれば不要ですが。

 

②発熱問題

高解像度撮影の際、動画で長時間撮影しているとホカホカになります。

時期が時期もあると思いますが「おや?」となるくらいには温かくなります。

またゲームプレイをしていても、指の腹が当たる部分がいい感じに発熱するので

長時間触れていると低温やけどをしそうな感じがしました。

発熱に関しては、Xperia5iiiのSnapDragon888もそうですが薄さを追求した結果な気もしますね。

 

③スピーカー

イヤホンで聞け(笑)、でいいと思います。

Harman & Cardonのチューニングをしたところでタブレットのクアッドスピーカーには敵いません。

必要最低限の音質は確保できていると思います。

 

④初期設定が面倒

Xiaomiは初期に多くのアプリを入れて宣伝することで安く販売できているんだと思います。

なので使わない、邪魔なアプリが大量に入っています。この削除作業が面倒です。

ただ、Do○omoやa○みたいな消せないキャリアゴミアプリと違って全部消せます

なので、慣れている人は初期設定→アプリ削除というだけなので面倒というほどではないかも。

 

技適がない為、SIMを入れての運用はNG。屋外のWifiBluetoothもね。

値段、スペックと多方面にスキのないスマホの最大の弱点である「技適なし」

屋内もそうですが屋外での運用は電波法に引っ掛かるので、基本は屋内運用でしょう。

一応申請することで90日間は許可されるようですが、これで技適あればますます価格破壊になりかねません。

ちなみにSIMを挿すと設定不要で「VoLTE」を認識しました。UQモバイルSIM

 

 

国内機種である11 Lite 5Gは、4万円越えですがスペックは同じですし新機種の12シリーズも発表され、

いよいよ国産スマホの立場が危うくなってきていますが…、XiaomiやOPPOに刺激されて

低価格帯良質スマホ戦争が始まってくれたらいいなぁと思いましたね…。

 

値段とスペックだけあって技適なし、もうほんとにそこだけが残念でしかないですが…。

個人的にはいい買い物だと思いました

 

 

ウマ娘を1か月ほど遊んでみました

© Cygames, Inc.

 

CyGamesにて運営中の人気競馬シミュレーション「ウマ娘 プリティーダービー」。

ハード:iOSAndroid、PC(DMM)

先日はサークルポイント誤配布で、半日以上トレンド入りしたのは笑えましたね…

f:id:ZintVal:20220410152349p:plain

最初にもらえたジュエルでガチャを引いたら、サトノダイヤモンドが出たので無課金で続けて1か月ほど。

最初はヒマつぶし程度に遊んでいたはずなんですが、結構続いているなーと感じています。

 

この作品、実在の(あるいは実在した)馬の特徴がうまく反映されているようで、

wikipediaを見ると「これがその由来なのか…」といった点も多くあります。

「萌え化」要素が人によっては許容し難い部分もあるとは思いますが、個人的には続けてよかったなと。

 

課金について

最大の部分として【課金要素】が気になると思います。

本作品は、お金を懸けての強化は最強への近道に過ぎず、それには【育成】を理解することが大事。

育成で育ったウマ娘を継承し、因子や適切なステータスを搭載させるのがミソなので、

ただただ課金で強化しただけでは無意味。強化したウマ娘をさらに継承して…そこから育成…といった感じ。

いいかえれば、時間さえあれば課金勢にも追いつくことは可能です。それはどのゲームでも一緒ですが…。

f:id:ZintVal:20220410152640p:plain

ウマ娘以外にサポートカードがあり、こちらのほうがウマ娘よりも重要度が高いです。

なのでウマ娘排出ガチャに目が行きがちですが、最初はサポートカードを収集したほうがいいと思います。

 

育成要素

育成要素は、コナミの「実況!パワフルプロ野球(以下パワプロ)」シリーズのサクセスモードみたいな感じ

育成ウマ娘2体を選択します。自身で所有しているウマ娘2人か、フレンドのウマ娘を1人レンタルするか。

レンタルの場合、できるだけ優秀なウマ娘を所有しているトレーナーをフォローするのがいいと思います。

f:id:ZintVal:20220410153250p:plain

育成パートでは、育てたいステータスを選択してそれを伸ばしていくだけ。

…だけですが、サポートカードの恩恵も大きいので慎重に選ばないとダメですねー…。

f:id:ZintVal:20220410170216j:plain

これが育成のメイン画面です。パワプロをプレイしたことがある方にはなんとなくわかるかもしれません。

残り体力に比例して練習の失敗率が上昇してきますので、休養をする必要があります。

 

何気に☆1で入手できる「マチカネタンホイザ」が強い感じがしました。

たしかに☆3で入手できたサトノダイヤモンドに比べれば見劣りしますが、スキルの使いどころが多く、

驚異的な末脚を持っているので、パワーとスピードがあればゴール前でグングン抜いてくれます。

初めて「URAファイナル」ストーリーをクリアしたのも「マチカネタンホイザ」でしたね。

 

実況要素

f:id:ZintVal:20220410165729j:plain

育成以外にも目的が課せられていて、ほとんどが「レース」で指定着以上を取ることです。

このレースもクオリティが高いです。ここもパワプロを思い出しますが実況があります。

パワプロは全選手の名前を話してくれますが、こちらはモブについては「*番」しか話してくれません

f:id:ZintVal:20220410165758j:plain

ちゃんと力のこもった実況をしてくれるので、レース自体見ているほうも力が入ります

先ほど出てきた「マチカネタンホイザ」は後方から一気に追い抜く[差し]タイプなのですが、

最後のごぼう抜きする姿がほんとに見ていて楽しいです。

f:id:ZintVal:20220410170002j:plain

 

何より、16番人気でも1着になったりする番狂わせっぷりにはプレイヤーもびっくりですわ。

実際にこんなこと起きるんでしょうけど、会場は大荒れしそうですね。

 

ウマ娘、サポートカード強化

ウマ娘の強化方法は、2種類あります。

①覚醒Lv強化…育成で入手できるアイテムを用いて、取得可能になるスキルが増えるようになります。

②才能開花…ガチャでキャラクタが重複した際に入手できる「ピース」を用いた、基本性能の底上げ。

基本的には「①」のほうを優先したほうがいいかもしれませんねー。

f:id:ZintVal:20220410170634p:plain

それよりもサポートカードかな?サポートカード次第で成長率が全然変わりますからね。

 

サウンド

BGMはかなり優秀だと思います。レースBGMはラストスパートのタイミングで切り替わりますし

メイン画面ではライブBGMも適度に切り替わったりと飽きをこさせない感じが非常にいいですね。

4Gamerを見る限り、BGMの作り直しや効果音のこだわりも非常に強いことがみれます。

youtubeにゲームBGM(ほぼ)一覧があるので確認してみてくださいね。

 

不満点

あるといえばありますが、気になる程度のものではないです。

☆ストーリー、新イベント含めてデータダウンロード量が非常に大きい

⇒ボイス多めなので多いのは当然といえば当然で、家でダウンロードして外出先でプレイするのがいいかも

BOT?が結構多い

FF14でもよく見かけますが適当な名前で同じようなデータのBOTが多い気がします。

SnapDragon888でも18人参加レースは重い

ちなみに数台の機器と連携できるのでいろいろ試してみました。18人レースはやはりカクつきました

 Xiaoxin Pad Pro 2021(Snapdragon 870)…18人レース中にカクつくことはあるが全体的に安定

 Matepad 11(Snapdragon 865)…時々カクつくが基本的には安定

 MI Pad 5(Snapdragon 860)…こちらも上記2機種同様安定

 MI note 10 Lite(Snapdragon 730G)…発熱がひどく、全体的にロード含め動作が重く安定しない

☆育成に時間がかかるため、電車移動中や帰宅後しかできない

ウマクロなるものが存在するのもなんか納得できるなぁと思います。

⇒休日にがっつりするにもフォロワーのレンタルも5回までなので…なんだかなぁ…。

☆レースやライブ、ストーリー以外は横画面非対応

⇒できれば横画面にも対応してほしいなぁと思うところはありますが、不満というほどでもないかな?

 

 

結論から言えば、トレンド入りするくらいだけあってユーザが多いのも納得できます。

ゲームの作りそのものもかなり丁寧だと思いますし、競馬そのものに興味がなくても楽しめるレベルかと。

競馬が好きな人も楽しめる作品ではないかな?新旧ウマの夢の対決も可能ですからね。

ただ、「萌え」という要素が苦手な人には合わないかもです。

本格的な競馬であればコーエーテクモゲームスの「WinningPost」がありますからね。

 

私の場合は、ウマ娘がきっかけで過去に競馬をされていた上司と話が弾むようになりました。

最初は抵抗があったのですが、いざ遊んでみるといろいろあってよかったですね。

 

正直、本音いうと。

コンシューマで出してほしいレベルなんですけど??

 

今後も新ウマ娘や新サポートカードが頻繁に実装される予定ですし、

更新日の翌日(4/11)にはニシノフラワー実装らしいです。いやー、楽しみですねぇ

Xiaoxin Pad Pro 2021を使てみて。

※2022年4月2日追記

ZUI v13.1.549でライブ壁紙が戻ってしまう問題が修正されました。

アクセシビリティが勝手に無効になる問題も修正されているようです。

なんどか再起動してみましたが改善されているようですね。うれしいです。

 

 

 

どうも、タブレット大好きで無駄にいろんな商品を見て購入したくなっています。

ばるです。

 

「来ない。来ない」といっていた「Xiaoxin Pad Pro 2021」専用のマグネットカバーが届きました。

まずはそちらに触れたいと思います。

 

Banggoodからの発送連絡は3月12日。

f:id:ZintVal:20220326095847j:plain

今回は前回のXiaoxin Padの時と違って、追跡用番号が発行されていました。

3月15日にOCS(ANA関連の貨物を取り扱う会社)で受領されて、フライトで日本に来る予定だった…。

 

ただ、3月21日になっても一向に商品が届かず、トラッキング番号を調べても

「発送手続き中」から一切進まなかったため、OCSに荷物の状況について問い合わせしました。

f:id:ZintVal:20220326100200j:plain

そうすると、忘れていたかのように進展しました。「フライト遅延」だそうです(ほんとかよ)。

さすがに1週間も放置されているのはどうなんだろうと思いました。

 

個人的に一番気になったのは、OCSのサイトです。メールで問い合わせると自動返信が来ますが…

f:id:ZintVal:20220326100546j:plain

この問い合わせ番号を入力する場所は一切ないし、「担当よりご連絡」も一切ない。

「商品が届きました、問い合わせをクローズしてください」と連絡をしたくともできない不便さ。

 

やっと届いた専用ケース

それはさておき、届いた商品を開封します。

f:id:ZintVal:20220326100923j:plain

今回購入したものは、端末そのものが国内未発売(Pro P11とサイズやカメラ位置は一緒)なので、

専用のケースはアリエクやBanggoodで購入するしかありません。箱触って思ったのですが…

f:id:ZintVal:20220326101112j:plain

わぁぁ、ぼっこぼこだぁ~(゚∀゚)

Banggoodって丁寧な扱いってイメージがあったんですよね…。と思ったら外袋はOCS。

…まさかな??

f:id:ZintVal:20220326101347j:plain

f:id:ZintVal:20220326101358j:plain

破れていたり、箱の糊がはがれて商品が飛び出そうとしているレベルのボコボコ具合。

日本だと苦情レベルですが、海外通販なので「仕方ねーな」レベルで見ていますが

OCSの取扱だったらさすがにキレてもいいですかね??

 

f:id:ZintVal:20220326101539j:plain

付属品はプラタイプの画面保護フィルム。ガラスフィルムをすでに貼っているのでゴミです。

これも箱がひん曲がっていたせいで、フィルムの端っこが曲がっていました。使えないですね…。

 

f:id:ZintVal:20220326101706j:plain

ケースは背面部分にマグネットで吸着するタイプです。吸着力は十分強いです。

アームに取り付ける際に、ケースから取り外すのですが、プラタイプだと割ったりしたんですよね。

画像の通りですが、出っ張りすぎているカメラも保護できる高さがあります。

f:id:ZintVal:20220326101910j:plain

スタンドモードは、モニターサイズが大きいうえに角度が急なので少し不安かもしれません。

あと、このマグネット吸着タイプのカバーは、側面が保護されないので落としたら本体に傷が入ります。

そもそも落とすような状況を作らなければいいだけで…。

 

f:id:ZintVal:20220326102203j:plain

質感はそこそこいいのですが、指紋が目立ちますかね…。

パサパサしてそうで脂ギッシュな私には扱いにくそう…

ただ、閉じたらスリープ、開いたらスリープ解除はできるので便利かもですね。

 

Xiaoxin Pad を使ってみて

f:id:ZintVal:20220320004529p:plain

絶妙にZUIという特有のインタフェースが使いにくい…。

ライブ壁紙がうまく動作しないところ、定期的にアクセシビリティが無効になる点もあり、

再起動したら壁紙がデフォルトに戻ったり、NovaLuncherのジェスチャーが無効になってしまったり、

アップデートでゲーム中の通知バーが消えなくなったりとなかなか難ありなタブレットです。

 

ただ、前回拾ってくれなかったbuffaloのWi-Fi5を拾ってくれるようになりました。

少しづつ改善してくれていったらうれしいですかね。

 

ちなみにキングスレイドが「最高設定」ができないのは、メモリが6GB↑だからでした。

パッチノート読んでいたはずなんですけど、ボケが始まったんですかね?

 

あと、このZUIは本来横向きで動かないアプリを横向きで動作できるようにした「Smart Split」があります。

ウマ娘起動時に横向けにして起動したら、左右に黒帯は出ますが縦横入れ替えなくていいところですかね。

ただ、ウマ娘は一部を除いて縦で遊ぶものなので描画がつぶれた感じになります。

設定後に再起動しないと一部アプリは起動しなくなるんですよね、ちょっとそこがめんどくさかったです。

 

 

ゲームに関しては、ほとんど文句なしです。SnapDragon870だけあり、すごく快適にプレイできます。

Mate Padの唯一の弱点であるGMSも問題なく利用できるので、ゲーム連携もできます。

スピーカーは、ある程度イコライザを設定して妥協しました。

ダートキャラ育成でハルウララ育ててたんですが、めっちゃ強いですね。この娘。

 

バッテリーに関しては外で使ってみないと何とも言えませんが、全然問題ないと思います

3時間程度ウマ娘をプレイして、youtube3時間ほど見て30%減なので、まぁまぁかなと。

 

タブレットにカメラ要素は不要だと思いますが、フロント13MPのカメラは普通です。

f:id:ZintVal:20220326162029j:plain

白すぎる。ただ、Xperia 5 iiiがあるので、このカメラはいらないですね…。

f:id:ZintVal:20220326162150j:plain

一応2倍ズームまでできます。が…明るいかな。ちなみにこれ、イオンによく来る100円ケーキです。

わたしのような貧乏人にはこれくらいのケーキが一番いいかも。甘さ控えめでおいしかったです。

ちなみに食費よりも趣味にお金を回してしまう人間です。ケーキなんて何か月ぶりだろうか。

 

 

という感じで使ってみた感想でした。

今回はなかなか癖の強い子を引いてしまった気がしますが、Lenovoはアップデートが割とあるので

今後もZUI周りを整備してくれたらうれしいですね。

 

個人的に

めちゃくちゃおススメ…ではないけど

コスパを求めて優秀なタブレットを探している方にはいいかもしれません。

もちろん、満足しています。国内販売してくれたら、それはそれはとてもうれしかったのですが…。

 

それではまた

久々にBanggoodで購入したけど。

 

5300文字とかいつ以来なのかわからない大量の文字を打ちました。

あ、それはこちらです

yukapero.hateblo.jpどうも、ばるです。

 

 

じつは、前回公開した「Xiaoxin Pad Pro 2021」はLenovo直販、NEC販売はなく

ケースは前作の「Lenovo Tab P11」と同じらしいのですが、マグネット吸着タイプがありません。

Banggoodで「Xiaoxin Pad」公式のケースがあったのですが、発注してなかなか届きません。

f:id:ZintVal:20220321184720p:plain海外通販だと、荷物が小さすぎて倉庫に忘れ去られてしまうだとか、更新が遅いとかはよくあるみたいです。

で、気になってOCSの追跡サイトに伝票番号を入れてみました。

f:id:ZintVal:20220321184906p:plain

3/15にOCSの発送手続きが完了してからそのままになってしまっていますね。

もっと早く問い合わせすればよかったかなと、少し後悔はしていますがまずは商品がどこにあるか知りたい。

そこでOCSに問い合わせている状態です。まぁ、中国にあるんでしょうけどね。

日本に来ていることはないかな…と思っています。この辺が杜撰なのは、日本と中国の違いなんでしょう。

今まで普通に届けてきてくれていたものだから、少し油断していたのかもしれませんね。

 

ちなみに購入した製品はこちらです。

jp.banggood.com

同時期にセールで安くなっていたW(ワット)が表示される充電ケーブルも購入しましたが

そちらに関してはなんと5日ほどで届いていたので、「なんだかなー」といった感じです

 

とりあえずはOCSから回答あれば追記しますねーあ

見せてもらおうか!Xiaoxin Pad Pro 2021!!

 

え?お前また?って言われそうですね(というか職場の人に言われています)

yukapero.hateblo.jp↑前のです、よろしければどうぞ。ばるです。

 

久しぶりというか購入履歴を見たら2年ぶりでしたが中国大手通販サイト「Banggood」にて

Androidタブレットを購入しました。

先に結論を言うと、

iPad Proがめちゃくちゃほしい!

けど高すぎて手が出ない!Androidで良いのない…?

と考えている方に向いている一品です。ですが、これも例によって癖が強いです。

(最近癖が強い子ばかり買ってる気がしますね?)

 

今回はなんと、HuaweiSamsungに遅れてフラグシップタブレットの販売を始めた「Lenovo」です。

Lenovoといえば、国内のタブレットでは「Lenovo」や「NEC」で販売していますね。

(知り合いに聞いて驚いたんですが、NECタブレットってLenovoタブレットと一緒なんですね)

 

なお、今回のサウンド比較は「ウマ娘」のガチャ画面のテーマ曲です。

地味にこれ耳に優しくて好きなんです…課金はしませんけど!

 

まずは箱から。聞きなれない名前ですが

Lenovo Xiaoxin Pad Pro 2021」

f:id:ZintVal:20220320003753j:plain

です。「Xiaoxin(小新)」とかいて「しょうしん」と読むらしいです。

で、これ驚きの価格設定なのですが…

f:id:ZintVal:20220319173202p:plain今(2022年3月19日)時点で、なんと驚異の45000円です。なにこの頭おかしい価格設定。

前回のHuawei Mate Pad 11や、年末に購入したXiaomi Mi Pad 5と同じ価格帯です。

ただ、こちらのほうが画面が大きく(11.5inc)てOLEDモニター。さらにSnapDragon  870です。

先の2つのタブレットの弱点を埋めつつスペックが上。なぜこの価格が実現できるのか…

 

そのあたりは個人輸入などされている方のほうがお詳しいですし、調べれば出てきますので割愛です。

ちなみに海外通販での購入だったので、9日かかりました。

 

 

スペック比較

では、前回同様スペック比較をしておきます。

f:id:ZintVal:20220319180116p:plain

CPUがじわじわ上がっていくのが笑える(笑)そしてXiaomiと間違えそうになるこの名前。

前のブログで作った表を残しておけばと少し後悔。今回から価格も参考程度に乗せておきました。

前回同様、色付きの文字だけみて大体伝わるようにしています。

価格は、割引額の大きいBanggoodで買えば、3種の中で一番コスパがいい

・画面サイズのわりに薄くて軽いので、持っても重みを感じない。質感も非常に良い。

Banggood購入だと、初期OSはグローバル版をセラーが焼いてくるため、開封済みで送られてくる。

・バッテリーはPad 5のほうがおおくて、スピーカーはMate Pad 11のほうがいい。

 

先にも述べましたが、NECではこちらの上位版で12インチ越えのタブレットを販売しています。

あたかもNECが作ったかのように書いてて、でも本体はLenovo製って笑う

www.nec-lavie.jpLenovo直販だとこっち。キーボードとカバー付きで11万。

www.lenovo.comどちらも、Pro2021と同じ11.5サイズは出していないんですよね。

ちなみにBanggoodだと同機種でキーボードなしで78000円です、やっす。

jp.banggood.com

 

OS(Android11)

本来、この商品はOSは中国国内販売モデルのため、日本語が入っていません。

セラーが商品をいったん開封し、初期OSを「グローバル版」に書き換えて発送してきます。

そのため、日本語+Playストアありの状態で発送されてきます。この状態だとアップデートできません。

また、Wi-Fiとの相性問題があり、OSアップデートも受けられない為「中国版」を焼き直す必要があります。

この方法が少し難しいので、購入時の状態で使い続けるのがベストかもしれません。

手順を調べてわかるような人以外はしないほうがいいでしょうね…

f:id:ZintVal:20220320004529p:plain

こちらの画像は、中国版のROMを焼いて日本語対応させたあとの画像になっています。

見てお分かりかと思いますが、日本語化しても設定画面はほとんど対応しきれていません

また中国版ROMを焼いた後はPlayストアをインストールする必要があります。お忘れなく。

こちらも、XiaomiのMIUIのようなインタフェース「ZUI」を搭載しています。

英語分からないと項目探すのも面倒なんですよねー…これが地味につらい

 

本体回り

11.5インチと家にあるタブレットの中では過去最大級の大きさです。

ですが箱を開けて持ち上げた時のファーストインプレッションは「軽っ!?」でした。

本体サイズ、バッテリー量からすれば、XiaomiのPad 5よりも重くておかしくないのに、

まさかそれよりも軽いなんて。本体の薄さもとんでもなく、よく仕上げられたなと感心しています。

ちなみに、この機種も例によって「イヤホンジャックなし」です。

f:id:ZintVal:20220320003941j:plain

カメラの出っ張りが気になるかな?本体を薄くしすぎた結果な気もしますね。

f:id:ZintVal:20220320004055j:plain

Wifiモデルなので、SIMスロットはふさがれています。

まぁ、タブレットだからいいかな…。ピント合わないなー…

 

付属品

今回の付属品は以下の通りです。

f:id:ZintVal:20220320003845j:plain

・SIMピン

・USB Type-C⇒USB Type-A

・20W充電器

・USB Type-C⇒イヤホン変換コード

地味にジャック変換コードがついているのはGOODですね。

ガジェマニアなら充電器も65W対応とか持ってますし、Type-Cケーブルも腐ってると思うのでゴミですね…

 

通信関連

今回も例によってWWAN(キャリア通信)がありません。Wi-Fi運用を前提としています。

また、Wi-Fi 5まで対応していますが、NECのWi-Fi5は拾ってくれるものの、Buffalo製品は拾いませんでした。

よくわかりませんが、2.4GHz帯でとりあえず頑張っているところです。遅くてつらい。

 

操作性

購入時点では、素のAndroidなので操作性はほとんど変わりありません。

ただし、一部挙動がおかしい点があります。

・ファミリーリンクを使用している時に、「所有者が使うのか」の確認画面から進まない

Wi-Fiセットアップ時に画面が暗転して進まなくなってしまう

・ゲーム起動時に横持している状態だと横持ち状態でゲームが起動する(ウマ娘、黒猫で確認)

⇒本来縦持ち状態で起動するのが、横持ちのまま起動すると横表示で起動するため表示がつぶれてしまう。

ぶっちゃけ、ゲーム起動時の不具合は画面の自動回転を無効にすればいいと思っています。

全体的には、SnapDragon 870なのでサクサク動いてくれますあ。

 

スピーカー

スピーカーは前回褒めまくったHuaweiのMate Pad 11より少しだけ悪いです。

Xiaoxin Padは全体的にバランスがとれていて良い感じ、といった印象ですが

低音の出力が弱いので、力強さは感じられません…。それでも、Mi Pad 5よりは全然いいです。

もう少し低音に対する調整がうまければよかったのかなと思います。例によって録音しています。

雑音が入るのは一般家庭なのでお許しください。

 

ウマ娘のガチャ画面のBGMが好きなんですけど、わかっていただける人います…?

ちなみに、タブレットから4cmほど離して少し下の位置から録音しています。

録音始めたとたんに風強く吹き出すのマジでやめてくれ!!

Lenovo Xiaoxin Par Pro 2021(Mate Padには劣るけど悪くはなく、実際に耳で聞くとまあまあいい)

Huawei Mate Pad 11(重低音ちゃんとあって、めちゃくちゃいい感じ。イヤホンいらないよ、この子)

Xiaomi Mi Pad 5(なんというかノーチューニングでもったいない感じ。ケース外しても籠りすぎ)

 

評価しますと…

1(9点):Mate Pad 11(Harman & Karbon):タブレット単体で十分なレベル。

2(7点):Xiaoxin Pad Pro 2021( Dolby Atmos & JBL(Harman):ちょっと低音不足…でも割とクリア。

3(4点):Mi Pad 5(素?のDolby Atmos):イヤホン必須なレベルの音質

そんな感じです。

 

点数は個人的なものですが、本体スピーカーだけで音楽を聴くとどれくらい有能なのか

点数化してみたものだとお考え下さい。Xiaoxin Padは低音不足なのでそれを克服できればいいですね。

イコライザーである程度Mate Pad 11に近づけれそう…。あと最大音量が低い気がしましたね。

で、そのMate Padに極力近づけたイコライザ設定です。だいぶマシになったかな??

f:id:ZintVal:20220320232451j:plain

ちょっと籠ってしまった…実際聞くといい感じだけど、録音って難しいですね。

ただ、この曲のために設定したので、いろいろと犠牲になったものも大きく、高音に弱くなりました。

これ以上は音割れするので調整はきつそうですね。

もともとのチューニングでかなり差が出てしまいますね…こればかりはどうしようもないですね。

 

ゲーム

誘われて始めたウマ娘。無料ガチャで「サトノダイアモンド」が出たのでとりあえず続けています。

(かわいいよこのウマ娘…っ!)

で、ゲームのほうですがとくにカクつくことなく問題なく動作しています。

重課金ゲーといわれていますけど、全キャラまんべんなく育てていけばそこそこ性能良いウマ娘作れそう。

実況はパワプロを思い出しますが、ちょっと単語が少ない気がしますね(メインが歌ですし…仕方なし?)

 

キングスレイドは最高設定でプレイできませんでした。なんで?しかも画像取れないし…。

こはちょっとヴェスパに問い合わせ中です。たしか、Mi Pad 5でも駄目だったので。

 

ベンチマーク

今回は単体でベンチマークを行っています。前回のMate Pad 11にMi Pad 5のデータもそちらにあります。

yukapero.hateblo.jp基本的に、ここまで性能があればブラウジングするだけならオーバースペックだと思います。

最新のゲームをプレイする場合に相応しい端末だと思っています。

 

■3D MARK

f:id:ZintVal:20220320004823p:plain

スコアは500増加…しましたが、どうなんでしょうね?

そもそもXperia 5よりもスペック高い当機で、キングスレイドで「高画質」が選択できないんでしょう。

そこがちょっと謎な感じがしますね。

 

■Antutu

f:id:ZintVal:20220320004834p:plain

ついに70万超えてきたかーと思いました。Mate Padでも「すっげー!」って思ったんですけどね…。

これは確かにブラウジング専用機にはもったいなさすぎる…

ベンチマーク動画はやはりというかずっとカクついている感じですね。

 

■GEEKBENCH

f:id:ZintVal:20220320004845p:plain

シングルコアは確かに前回の結果より上がっていますが、マルチコアは下がっていました。

どこかの記事でAntutu動かしたときに思った以上の結果が出ないというのがありましたが…果たして?

 

 

総評

個人的に評価したい点はここだと思います。

SnaDra870付きで11.5インチ、バッテリー8500mAh越えで480gと軽い

・軽いうえにとてつもなく筐体が薄いところ。持った時に重さを感じない作り

・さらにさらに、Banggoogで購入すれば45000円台という、超絶コスパの良さ

性能は折り紙付きですが、大きめの筐体なのに軽い・安いは大正義だと感じる一品でした。

そのうえでこの値段は意味が分からない。化け物だと思います。

 

逆にマイナス点

・スピーカーはMate Pad 11に比べると調整不足な点が目立つ(チューニングは可能)

Banggood購入だとデフォルトOSがグローバル版のため、素のAndroid状態

素のAndroidがバグありのため、気になるならROM焼きするしかない

・ROM焼きしても中途半端な日本語になってしまい、少しストレスを感じる

海外通販なので到着時の状態は保証できない

NECLENOVOジャパンで上位版か1世代前を購入したほうが早い

海外通販は、AliExpressとBanggoodの2択がメインだと思いますがAliExpressは取扱いが雑で有名です。

ただ、それは海外通販と日本の考え方が違うので仕方ないと思います。

商品が守られていれば外箱の状態は気にしない、そんなスタイルな感じがします。

Banggoodは手厚い梱包で届きますが、これも偶然へこんでなかっただけかもしれませんからね。

専用ケースはボッコボコでした。チクショー!

 

ハード周りの出来が完璧の一言なんですけど、ソフト面はダメみたいですねー。

Androidが玄人向けと言われる部分には、メーカーで大きく左右されるところがあるからでしょう。

実は買ってみたのに動作がもっさりしてて…とか、アイ〇スオー〇マのタブレットとかね。

その分、Apple社の製品はど安定なのでいいと思います。

 

冒頭に、IPadProで迷うなら…と書きましたが、

知識なければそっち買ってもらったほうが圧倒的にいいですからね。

 

さて、驚異の5300文字を超えたところで終わりといたしましょう。

お疲れさまでした。